殴られても「家に帰りたい」と言う理由について

テレビを見ないのでよくわかりませんが、児童相談所が関与したにもかかわらず子どもが命を落とした事件が話題になっているようです。

 

この事件を伝える報道の中で、被害児が「家に帰りたい」と言っていたことを伝えるものもあり、混乱している方もいるかもしれません。

 

このエントリーは出先で書いているため文献等を参照していませんが、いくつもの虐待事例を読んできたことで確信していることがあります。

 

それは、子ども(というよりも人間一般)が強く恐怖を感じるのは、殴られる痛みなどよりも、「予見可能性がないこと」、先の見通しが立たないことだということです。

 

痛みが訪れるタイミングが分かっている状態と、痛みに襲われることが予想されるがそれがいつ来るのか分からない状態では、どちらにより強い恐怖を感じるか、と問われるとその感覚が伝わるでしょうか。

 

この事件の被害児は、児童相談所の一時保護所に何度か保護されたようですが、普段接する大人から常に罵声を浴び、殴られている子どもには、その「安心できる環境」はどのように感じられたでしょうか。

 

最も身近な大人とのコミュニケーションの根幹に暴力があったわけですから、いま目の前にいる優しい人も、もう少し経つと殴ってくるかもしれない、もうちょっとわがままを言ったらさすがに怒鳴られるかもしれない、といったことを考えているかもしれません。

しかも一時保護所では複数の職員が交代で子どもの面倒を見ることになりますし、普段の幼稚園や学校にも通えなくなると、いよいよその子にとっての「安定した人間関係」がない、非常に予見可能性の少ない状態となります。

 

次に何が起きるか分からない状態が長く続くよりも、たとえその見通しが「罵倒され殴られる」という状態であったとしても、その殴られるという確実な見通しのある日常に戻ることを選択するのです。

(もちろんその子の性格や置かれている状況にもよりますが。)

 

これは、里子として引き取られた被虐待児の「試し行動」でも同じことが言えると思われます。

試し行動とは、不適切な養育環境で育った子どもが、安定した環境に移った際に、わざと大人を怒らせるような行動をとることを指します。

試し行動は、自分のいる環境が本当に安心できるものかを確認するための行動だとされてきましたが、私はむしろ殴られることそのものが目的なのではないかと考えています。

被虐待児にとって、悪いことをしても殴られない、という環境に置かれることは、むしろ見通しが立たない非常に不安な状態です。

そのため、自分の馴れ親しんだ、暴力が日常にある環境を作り出すために、これでもかと大人を怒らせ、相手から暴力を引き出そうとしているのだと捉えた方が、より彼ら/彼女らの行動を合理的に説明できるのではないかと考えています。

 

 

このような、初期条件に暴力がある子どもたちが、殴られない環境を「安心できる環境」だと認識できるようにするにはどうすればよいでしょうか。

 

そのためには、一にも二にも、その環境を用意し、その状態を持続し続けることですが、さらにそのためには、児童相談所などの子どもに関わる専門機関の体制や人員を強化し、その機能を強化することが必要です。

いま児童相談所がその機能を高めるために必要なものは、人手や金や他機関との連携などであって、バッシングではありません。

 

 

児童相談所の機能を高めるためにも、現状の問題点を指摘し批判をすることはとても重要なことですが、「少ない人員でもただただ一生懸命に全ケース完璧に対応しろ」というような非現実的な批判(バッシング?)が、本当に子どもの保護に有効に働くのかどうか、少し落ち着いて考えてみても良いと思います。

待機児童とふるさと納税の表?をつくってみた。

虐待と関係ありませんが、個人的にふるさと納税が嫌いなのでパパッとつくってみました。

 

本当はもっと別の記事を書かないといけないんだけど。

 

続きを読む

ネグレクトの原因が判明?

新聞等では先に報道されていましたが、高崎健康福祉大学のHPに下記のプレスが掲載されました。

 

www.takasaki-u.ac.jp

 

内容はご一読いただければと思いますが、概説すると、

①母マウスが養育行動をとるかどうかは、その母マウスが胎児の時に決まる。

②妊娠時に母マウスのプロラクチンというホルモンの分泌が少ない場合、その胎児が成長して、将来出産した時に養育行動をとらない。

③遺伝子の欠損によりプロラクチンの分泌が少ないマウスと正常マウスの仔の胚を交換し、互いに代理出産した場合でも、プロラクチンが少ない代理母が出産した仔マウスがその後養育行動をとらなかったため、遺伝要因ではなく胎児期の神経内分泌環境が重要と考えられる。

④プロラクチンの分泌が少ない母マウスでも、妊娠時にプロラクチンを投与していればその時に生まれた仔マウスは将来ネグレクトを回避できる。

 

 

という内容で、マウスの実験段階ではありますがなかなかショッキングではあります。

 

我々の(虐待)業界では、近年?福井大学子どものこころ発達研究センター・友田明美教授の研究を筆頭に、脳のイメージング技術を用いて虐待・体罰が子どもに与える影響の大きさを調べる研究や、ホルモンなどの物質のはたらきを調べることによって虐待・ネグレクトが発生するメカニズムに接近しようとする研究がブームとなっています。

(その専門の方々からしたら前々からずっと研究してるんだと思いますが。。)

 

 

その友田教授も参加している「養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築」プロジェクトJST/RISTEX「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究領域)をとりまとめている、理化学研究所の黒田久美博士も、脳のはたらきと養育行動の関係に関する研究をリードされているお一人であります。

 

(まったくの余談ですが、ミーハーな私は、先日の子ども虐待防止学会学術大会 in 千葉にて、黒田先生の研究と何の関係もないのに無駄に名刺を交換させていただいてめっちゃテンションが上がってました。)

 

黒田博士の研究では、交尾未経験の雄は子マウスに対して攻撃行動をとるにもかかわらず、交尾とパートナーの妊娠・出産を経ると養育行動をとるようになる現象について、脳の内側視索前野(MPOA)という部位の中心部が活性化しているということが明らかにされています。*1

 

 

その他の研究でも、母マウスが養育行動をとるためにMPOAが重要な役割を果たすこと、エストロゲンやプロラクチンなどの出産や授乳に関わるホルモンがその脳部位の活性に影響を与えるということが指摘されているようです。

(まだまだ勉強の途中ですみません。)

 

 

今回の研究では、このMPOAを中心とした養育行動に重要な神経回路の活性について、胎児の時の母胎内の環境が大きな影響を与えるということを明らかにした点が画期的でした。

 

 

 

「子ども虐待対策」は学際的だとか分野横断的な問題だと言われながら、実際には別々の研究をしている研究者がただ集まっているだけの状態が長らく続いてきましたが、今後はこういった脳やら神経やらホルモンやら生理学やら遺伝学やら分子生物学 etc. といった知識を、誰もが当たり前にもっていなければならない時代になりつつあると思います。

 

算数ができないド文系の私も、現在脳の機能や神経伝達物質等の役割について必死に勉強しているところです。

 

ですがそれは逆もまた然り、ということで、僭越ながら社会科学的な観点から虐待の勉強をしてきた者として、今回のプレスを見ておやっ?と思ったところを書きたいと思います。

 

まず、プレス本文の出だしで

児童虐待の相談種別対応件数 122,575 件のうち 25,842 件が「保護の 怠慢・拒否(ネグレクト)」で、全体の 21.1%を占めると報告しています(平成 28 年度 社会福祉行政業務報告)。この数は前年(27 年度)に比べ件数で約 1,400 件、割合で 6%増加しており、年々増加しています。ネグレクトの原因に関しては「幼児期にネグ レクトされた人は、将来親となった際に今度は自分の子供をネグレクトする」といった 断片的な知見が先行するもその科学的理解は極めて乏しい現状です。

 

 とあり、まぁそれはそのとおりなんですが、前年から増加したネグレクト約1,400件(精確には1,398件)のうち、警察からの通告が増加した分が1,329件で、ほぼほぼ警察の頑張りで説明できます。

この文脈で「年々増加しています。」とだけ書かれると、最近の母親の神経内分泌環境が乱れてきている!とか言い出しちゃう人が現れるので、この辺の書きぶりには注意が必要です。

 

また、このブログを読んでいる人であればわかると思いますが(というほど投稿もできていませんが…)、児童虐待の相談対応件数が増えたからと言って虐待そのものが増えたかどうかは分かりません

 

satokitisnake.hatenablog.com

 

こういう勘違いを放置してしまうと、その勘違いに基づいて形成された政策によって、本来有益に使えたはずの予算が効率の悪い政策に消えていくという罠にはまってしまうので、気付いたら何度でも指摘する必要があります。

(「3~5歳児の教育費無償化」とかは3歳児神話の賜物ですね。そんな感じ。)

 

 

また、“「幼児期にネグ レクトされた人は、将来親となった際に今度は自分の子供をネグレクトする」といった 断片的な知見が先行するもその科学的理解は極めて乏しい現状です。”

というのも当然と言えば当然の話で、何故かというと幼児期にネグレクトされた人がかならずしもネグレクトをするわけではないからです。

そういった辛い経験をした上に周囲から適切なサポートを受けることもできなかった人が、さらに生活上のストレス等を抱えることでネグレクトしてしまう、というのが真実で、「ネグレクトされたら子どもをネグレクトする」などという一貫した科学的理解を導くことができないのは当たり前のことなのです。

 

 

学際的な研究課題において、自分には他分野の専門知識がないからといって、他分野の専門家の研究に対して触れずにそっとしておくというのは、子ども虐待対策のようなそもそも研究者の層の薄いマイナーな課題にとってはむしろリスクが大きいと思います。

このようなマイナーな課題だからこそ、分野を異にする専門家間で知見を共有するべきだし、おかしなことを言っている別分野の専門家がいれば、それを別の視点から批判するという健全なやりとりがなければならないと思います。

(嫌われると思うけど、心理学系・医療系の人の論文で、前文に「このように児童虐待は年々増加しており」って書くのホントやめてほしいということは延々言い続けます。)

 

そのためにも、他分野の研究について基礎的な知識を吸収し続けることが大事だし、それが他分野から見た自分の姿を省みる機会にもなるんじゃないかと思います。

 

 

 

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

 

 

 

 

 

子ども虐待という第四の発達障害 (ヒューマンケアブックス)

子ども虐待という第四の発達障害 (ヒューマンケアブックス)

 

 

*1:理化学研究所(2015)「マウスの『父性の目覚め』に重要な脳部位を発見 ―オスマウスの子育て意欲は2つの脳部位の活性化状態に表れる―」

http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150930_1/

虐待による死亡事例等の検証結果等について(第13次報告) ―疑義事例について他

しばらく更新しない間に、「虐待による死亡事例等の検証結果等について(第13次報告)」が発表されてしまいました。

コツコツとしたことができない自分にビックリするわ。

www.mhlw.go.jp

 

第13次報告は平成27年度中の虐待死事例等について検証したものです。

件数を見てみると、

 

心中以外の虐待による死亡事例:48例(8例)/52人(8人)

心中による死亡事例:24例(0)/32人(0)

 

となっており、前回の第12次事例よりも心中以外~で5例/8人、心中ケースでは3例/5人の増加となっています。

 

というわけではありません。

 

上記の数値を見て、あの括弧はなんだ?と思われた方は鋭い。

続きを読む

子ども虐待による死亡事例等の結果報告等について第12次報告の結果から

子ども虐待による死亡事例等の結果報告等について(第12次報告)を読んだ感想について。(過去に別のところで書いたものを基にした文章です。)

www.mhlw.go.jp*1

 

*1:2017年2月21日アクセス

続きを読む

虐待加害者は母親が多い?

子どもへの虐待は、誰が行っているのでしょうか?

タイトルからなんとなく想像がつくかもしれませんが確認していきましょう。

 

続きを読む

「児童虐待が増加している」という話について

子ども虐待の論文や書籍等を読んでいると、「児童虐待件数が増加しており…」という枕詞に出会うことがままあります。

 

結論から言ってしまうと、子どもへの虐待が増えているのか、減っているのか、それとも変化していないのかは分かりません。

 

これが現在の段階で最も正確な表現になるかと思います。

もしも虐待の件数について、なにか断言して語っている人がいた場合、その話は少し気を付けて聞く必要があります。

 

続きを読む